株式会社 プラント・ツリース

      一級建築士事務所

   全国対応可能です。

  お問い合わせはこちら

 ☎ 048-444-4117

スーパージオ工法   パンフレット     ダウンロードはこちら
【1】.pdf
PDFファイル 2.0 MB

  【特許取得済み】

● 建築物 特許第4210312号

● 建築物における免震方法 

  特許第4967105号

● 熱交換システム  

   特許第4882021号

スーパージオ工法

<基本方針>

 

1. 人工軽量地盤材「スーパージオ」を用いて行われる地盤補強

  の建築基準法上の 位置付けは 「地業」となります。

  そして、その各種地業中の「砕石事業」+「地肌地業」にあ 

  たります。

  更に、その地肌地業中の各種地盤改良補強工法における補強

  種別注の「置換」による補強工法であることから、建築基準

  法第37条には抵触いたして おりませんので、地業材に用いる 

  事であるならば合法となります。

 

2. 置換に使用する資材については「技術評価認定」による性能

  以内で使用いたします。また、資材に作用する建物の鉛直・ 

  水平荷重が集中や偏ることのないように

  地盤に配置しバランスよく自然地盤と一体で置換施工し、長

  期・短期許容応力度は十分に支持地盤を上回る資材を採用し 

  ております。

 

3. 元地盤自体の「地盤の許容応力度」については、当該地質調

  査から得られた内容から分析した結果、建物予定建築物荷重  

  を支持するだけの支持力がもともと宅地全体には存在してい 

  ることなどを原則確認いたします。

  その上で、建物の偏心荷重条件及びロケーション条件などの

  総合的なバランスを考慮し、特に外的な要因を考察し、懸念

  される箇所、特に基礎の剛性から生じる縁接地圧を安全に地 

  中に分散させるなどの考えで、外周部や地中梁直下部などを 

  原則として「置換」地盤補強を検討いたしております。

 

4. 置換施工に関しては、大掛かりな重機は必要とせず、特に地

  表付近における盛土地盤及び軟弱地盤に対しても、確実に施 

  工が可能、且つ安全に置換による 人工地盤を構築するため 

  に、施工時には専門の施工指導員が立会います。