株式会社 プラント・ツリース

      一級建築士事務所

   全国対応可能です。

  お問い合わせはこちら

 ☎ 048-444-4117

スーパージオ工法   パンフレット     ダウンロードはこちら
【1】.pdf
PDFファイル 2.0 MB

  【特許取得済み】

● 建築物 特許第4210312号

● 建築物における免震方法 

  特許第4967105号

● 熱交換システム  

   特許第4882021号

           資材情報

特長  性能強度  仕様

①特長

軽量

スーパージオ本体一つの重さが約5㎏と軽く、人力で作業が可能です。 地盤に対する軽減が図れ、軟弱地盤への施工が可能です。 (重量軽減効果)

高強度

各種強度実験で確認したスーパージオの強度は364.1kN(36.41t) 以上の荷重をかけなければ破壊に至りませんでした。 (ジオプール技術評価認定書より)

浮力が小さい

大きな嵩上効果がありながら浮力の影響を受けにくい構造です。

(浮力低減率93%)

ゲリラ豪雨などの雨水を保水し浸透させます。

施工性

組立が簡単で特殊技術や機器を必要としません。

工事は通常の基礎工事工程の一工程として施工ができます。ブロックは運搬時にコンパクトに積み重ねることができます。     

    (実体積の40%以下に体積圧縮が可能)

 

エコ

材料製造や運搬、施工に至る全工程でこれまでの地盤改良工法と比較して大幅なCO²削減が可能です。

又スーパージオは撤去も容易で撤去後のリサイクルが可能な      

     環境にやさしい資材です。

雨水利用・地熱利用

地盤補強工事と一緒に雨水利用・地熱利用が可能です。

耐薬品性

素材の再生オレフィン系プラスチックは、耐酸性・耐アルカリ性にも優れているほか微生物による劣化もなく、環境ホルモンなどの問題もありません。

②性能強度

  最大応力(kN/㎡) 補償強度(kN/㎡)
鉛直方向 364.1 320以上
水平方向 206.6 160以上

       (ジオプール技術評価認定書より)

【鉛直方向】基礎下地業用の場合=長期:320×1/5(安全率)=64kN/㎡

【水平方向】基礎下地業用の場合=長期:160×1/5(安全率)=32kN/㎡

③仕様

【スーパージオ本体】

  (AE-1型)

 

●寸法(㎜) W  D   H

      545 × 545 × 260

 

●材料   再生オレフィン系プラスチック

                    (PP・PE)

【スーパージオベース】

  (AE-K型)

 

●寸法(㎜) W  D   H

      537 × 508 × 35

 

●材料   再生オレフィン系プラスチック

      (PP・PE)

【スーパージオハーフ】

  (AE-KH型)

 

●寸法(㎜) W  D   H

      537 × 224 × 35

 

●材料   ポリプロピレン

      (PP)